身内がうつ病に

カウンセリング

現代社会では身近な人や家族などがうつ病になってしまうこともめずらしくありません。うつ病は本人だけの問題でなく、家族や会社の人など周囲にも影響を与えますので。自分が現在うつの症状に該当しない場合でも、いざという時のために身内がなってしまった場合を想定しておくといいでしょう。昔に比べてうつ病は甘えでなく、脳の伝達系などが原因と考えられるれっきとした病気として認識されてきていますが、それでもうつ病は甘えだとか心の脆さが原因だと思っている人がほとんどいない社会にとまではいきません。うつ病が回復しやすい環境づくりのために、まずは身近な人がなってしまったときの対象方法を的確に知っておきましょう。
もしも家族などの身近な人がうつ病であると診断された場合は、まず冷静に受け止めることから始めましょう。家族がかかった場合自分にも原因があるかもしれないと考えてしまったり、会社の人がかかってしまった場合は溜まっている仕事はどうすればいいかなどと思ってしまうこともあるでしょう。しかし一番大変なのはうつ病にかかっている本人だということを念頭に置いて、何かのせいにするといった原因を押し付けるようなことはできるだけ避けましょう。またうつにかかった人はいつも以上に心理的にデリケートになっている事が多いので、直接的な表現は極力避けるようにするといいです。必要以上にその人の前でうつという言葉を使わないように配慮しましょう。また、がんばれや、相談にのってやるといったはげましの言葉は一見有効かと思いますが、うつが病気だということを再認識し、近い人がうつにかかっているかもしれないと思ったら早めに専門の医療機関などで診療を受けるように促してあげましょう。本人にうつ病の自覚症状がなく、病院や精神科へ行くことを拒否している場合は、家族の方など周りの人間がさきに相談することも出来ます。身近な人がうつ病になったときは本人だけでなく周りの人間の対応も重要になってきます。